社会不安障害-SADは、人と接することが恐怖に

サイト内検索

社会不安障害(SAD)とは社会のような問題の答えがない世界で生きる際、失敗や苦痛を受けるなどが原因でおこる障害です。

全人口の10~15%が社会不安障害を抱え、その中でも自殺を考える人はうつ病の人よりも多いといわれています。

スポンサーリンク

社会不安障害の症状

ひとつに大勢の前で発表をしたり、ただお茶会で話すような内容でも注目されることを恐れ発言しないものがあります。

また電話をすることが恐怖で電話に出れないなどという症状や注目されることを恐れ外出をしないという症状もあります。

こういった症状の時、無理に行動すると動悸息切れ、発汗や吐き気、赤面するなどといった負担がかかるのです。

社会のいろいろな場面で問いかけられることが多いと思います。

例えば「元気ですか?」といった単純なものから「なんで頑張れないの?」といった難題まで問いかけられます。

このような問いには答えがひとつではなく、どれを答えとするか悩むことによって社会不安障害の症状が出始めるのです。

社会不安障害はなぜ問題なのか

社会不安障害は、人と接することが恐怖に感じてきます。

例えば最初は明るい好青年の彼でしたが、面接に落ち続け就職ができないまま卒業しました。

奨学金のこともあるのでフリーターとしてアルバイトをしていましたが、学生の頃のアルバイトと違い疲労はもちろん責任や実績を強く求められ、精神疾患にかかり最終的に追い出されることになってしまいました。

今では自分を受け入れる先がないと思い込むうちに自信をなくし、人と話すことが苦手になりました。

そして、実家に引きこもるようになったのです。といったようなことが問題視されています。

スポンサーリンク

社会不安障害の治療方法

社会不安障害の場合、うつ病の治療と同じような治療になります。

また自分でも外出をして太陽をあびることにより日常が自分のテリトリーと感じなおすことができるのです。

日光をあびることにより落ち込む原因のセロトニンの減少を改善することもできます。

最近大勢の人と話したくないなと思ったとき、友達と一対一で話してみたりして徐々に人と話すことに慣れていくことも社会不安障害の改善になるのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ