子供がリストカットをしていたら

サイト内検索

最近子供が肌を見せなくなった。

ブレスレットをはずさない。

部屋の鍵を閉める。

そんな行動が目立ってきたら、「ああ思春期か」と安心してはいけません。

リストカットはご存知でしょうか。

自分で自分のことを刃物などの鋭利なもので傷つけ、意図的に自分を苦しめ罰を与える行為です。

スポンサーリンク

「死にたかったから」という理由は理由ではありません。

死にたかったのはなぜ?そこに理由があるのです。

自傷行為の意味

自傷行為は、傷が残ります。

リストカットにとどまらず、首吊り、頭打ち、引っ掻く、針刺しなども自傷行為です。

痛いことで罰を受け、傷が残ることで罰を受けたという証明をします。

もちろん国が「あなたは十分に罰を受けました」と認定することではなく、自分の気持ち次第なのですが、本人は魂が抜けるようにスッキリするから依存性が強いのです。

そのことに気付く人はまれであり、うつ病だから自傷行為をしているという認識は捨ててください。

ほとんどの人は、怪我をしたとき気持ちよかったといいます。

跡が残ればラッキーで、目立つ場所ほど他人に見せたくなります。

しかしそのまた多くは、大人になるとその傷跡をみて後悔をしてしまうのです。

自傷行為をやめさせる

自傷行為は、「やめなさい」といってやめるものではありません。

いくら監視したとしても刃物を隠したとしても、最後には歯があるので舌を噛み切る場合があります。

やめさせたい人には共通して「傷つけるのはやめて」という気持ちがあります。

しかし本人は、「なんであなたのためにやめなければいけないのか」と感じてしまうのです。

スポンサーリンク

死なせないということが答えではないはず。

答えは「死にたくなる理由をなくす」ことでした。

いじめが原因ならば、いじめをなくす。家庭環境が問題ならば環境を変える。

「死なせない」「死にたいなら死ねば良い」と思っているあなたは、本気でその人の一生を考えていないのです。

子供の不自然な傷を見つけたらいっぱい話してあげてください。

気を許すことから自傷行為を防ぐ手立てが生まれるのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ