季節性感情障害に注意して生活しよう

サイト内検索

季節性感情障害という言葉はご存知でしょうか?代表的な季節が冬と夏です。

季節性感情障害は、ある季節の間だけ起こる障害で、心だけでなく体にまで影響を及ぼします。

憂鬱な気持ちから抜け出せなくなったり、妙にそわそわしてしまったり、だるさなども季節性感情障害だといわれています。

スポンサーリンク

原因がわからないのに調子が悪い場合、季節を見直してみて精神を安定させる手もあるのです。

季節性感情障害はなぜそうなるのか

季節性感情障害は、日光にあたる時間の変化が原因だといわれています。

冬や夏は、寒さや暑さでなかなか外に出ることはないでしょう。

特に冬は、気候が原因で外に出ても日光を浴びることは少ない時期です。

そのため神経伝達物質の乱れが生じ、うつ病を発症しやすいといわれています。

季節性感情障害の場合、冬季うつ病や夏季うつ病という言い方をします。

神経伝達物質の乱れとは、メラトニンとセロトニンのバランスが崩れていることを意味します。

メラトニンは、夜に分泌量が多く安眠や気持ちの落ち着きを促す物質です。

そしてセロトニンは昼間に日光を浴びることで分泌量が多くし、セロトニンの分泌量に応じメラトニンは分泌量を調整するのです。

つまり日光を浴びずセロトニンの分泌量が少なければ、メラトニンの分泌量も減り、精神と身体共に落ち込んでくるということになるのです。

季節性感情障害の症状と解決法

冬季うつ病の場合、過眠と食欲増進が目立ちます。

一方夏季うつ病は、不眠と食欲不振が目立つのです。

どちらも落ち込んだ抑うつ気分は抜けず、冬季うつ病の場合「食べることができ眠れていること」から季節性感情障害と気付きにくいことがあるのです。

季節性感情障害の解決方法としては、夏でも冬でも同じ生活リズムをキープするということになります。

それも健康的な生活リズムなので夜早く寝て朝に早く起き、運動量も不足しないように調整することが大事です。

毎朝通勤の時、日光を浴びているから大丈夫というわけではなく、「日光を浴びる時間」を作るということが治療につながるのです。

仕事や育児、周囲との兼ね合いもあるため難しいことですが、人間はまず生きることを優先して生活をしましょう。

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ