いじめのつらさを悪化させる助言

サイト内検索

人間には運というものがやはりあるようです。

「いじめられる運命だった」ということではなく「助けてくれる人がいるかいないか」という運です。

いじめの経験はした方もされた方もかなりの負担が生まれます。

大人になるにつれてその経験を後悔し、「小さい頃の自分から否定してしまう」うつ病の症状がでてくるのです。

スポンサーリンク

また学校でいじめを受けた生徒のなかには「いじめられていることを親や先生など大人に言い出せなかった」という人々がいます。

大人になればなんで言い出せなかったのだろうと不思議に思う行為です。

大人になればいじめはある程度抑えられるため、親は、なんで言い出さなかったんだと言うでしょう。

しかし子供が言い出さないことには訳があったのです。

いじめを告白した子供を説教する

例えばいじめられたAさんがいます。

AさんはいじめたBさんを恨み親にいじめを告白「ではどうしたいんだ」と親が言うため「殺してやりたい」といいました。

それに対し殺人を止めるため「殺してはいけない。大体お前にも悪いところがあってBさんがいじめてきたんじゃないのか」と言ったのです。

これは子供の行動を理解できていないから言ってしまう言葉です。

子供は親の子供の頃とは似ているけど全く違う生き物なので、そういった言葉には戸惑ってしまうでしょう。

しかし子供の言ったことに対して否定をするような言葉は言ってはいけないのです。

殺してはいけない。

でも仕返しに匹敵することはしようと言ってあげてください。

両親そろって学校に抗議に出る、相手の家に行き相手の親と話す、いろいろな方法があるのですから。

スポンサーリンク

いじめを思い出と勘違いする

「アンタそんなだと高校でもいじめられるよ」以前いじめられた人に対して言う言葉ではありませんよね。

いじめに大小はなく傷ついたということを忘れないでください。

これを言われるのは男性に多く、いじめられないくらい立派な息子にしたいという気持ちがあると思いますが、何かと弱みを見せるたびつらい過去を思い出されてはずっと傷つくばかりです。

親、先生、友達、様々な方がこういった助言で人を傷つけている場合があります。

またそんな些細な助言も相手にとって負担を与えうつ病になってしまう場合もあるのです。

本当に助けたいと思うのならば自然と相手を癒す言葉が出るのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ