大うつ病性障害とうつ病の種類

サイト内検索

うつ病には、いくつかの種類があり、症状の特徴によって有効な治療方法が違ってきます。

うつ病の特徴をシッカリと見極めて自分に合った対応方法を考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

普通に私達がいう「うつ病」は「大うつ病性障害」と呼ばれるものです。

うつ病の診断基準であるDSM-5に当て嵌まっていることが前提となっています。

DSM-5とは、アメリカ精神医学会の定めた診断基準(DSM)の第5版(現時点での最新版)という事です。

大うつ病性障害診断基準

  1. 一日中の抑うつ気分
  2. 物事への興味や、喜びの著しい減退
  3. 食欲の減退または増加
  4. 不眠や過眠の症状
  5. 神運動性の焦燥または制止
  6. 易疲労性、または気力の減退
  7. 無価値観や不適切な罪責感
  8. 集中力の減退や決断困難
  9. 死についての思考

9の項目の1か2を含む5個の項目に該当すると大うつ病性障害と診断されます。

大うつ病性障害の症状

大うつ病性障害(うつ病)の症状は上記した診断基準がそのまま症状になります。

診断項目にある1と2の項目、気分の落ち込み(抑うつ気分)と興味や喜びの減退の両方かどちらかを含む5項目に当て嵌まると大うつ病性障害という事ですが、あくまでも診断の指標なので必ずうつ病という事ではありません。

双極性障害(躁うつ病)

  • 躁状態 尋常でない明るさと行動力
  • 鬱状態 無気力で憂鬱

躁状態 のときは気分が高揚していて、異常に明るく活動的である反面、うつ状態のときは 大うつ病性障害 とほぼ同じ症状になることを繰り返します。

躁状態だと、自分が特別な人間であるかのような誇大妄想を持ったり、気持ちが大きくなり尋常ではない行動をとったりします。

また躁状態の現れ方で周囲を巻き込むほど激しいⅠ型と周囲に迷惑をかけるほどではないⅡ型に分かれます。

双極性障害の場合、躁状態の時は本人は気分が良く快適なため躁であることに気付かず、おかしいと思うのはうつ状態の時であり、本人は躁状態の自覚を持たない場合が多いのでうつ病と判断されてしまう危険があります。

双極性障害の人がうつ病の薬を飲むと症状が悪化する場合が多いようです。

双極性障害は原因は解明できていませんが、脳の障害とされていて精神治療やカウンセリングだけでの治療はできません。

気分安定剤で躁の時の感情の高まりや行動を抑えるのが有効です。

スポンサーリンク

非定型うつ病

うつ病の症状としては大うつ病性障害と似ているのですが、自分の興味のある事に対しては症状が軽くなったりするので周囲から怠け者と勘違いされがちです。

拒絶過敏症の症状があり、些細なことで塞ぎこんでしまったりします。

非定型うつ病では、過食・過眠の症状が出る事がおおいようです。

うつ病では倦怠感を訴える人がほとんどですが、非定型うつ病では疲労感を訴える人が多く、 鉛様麻痺といい手足が鉛のように重く感じたりします。

仮面うつ病

仮面うつ病は普通のうつ病と違い、精神的な症状ではなく身体的な自覚症状として体の不調が現れるので、本人はうつ病だと思わずに内科等を受診することが多いようです。

もちろんうつ病の症状も現れるのですが、症状が軽いためと身体的な自覚症状があるため体の不調のせいだと思われがちです。

身体的な症状は一度に多数の場所に現れる事が多いのが特徴です。

何らかの自覚症状があるのに内科を受診しても悪いところが無い場合、仮面うつ病を疑ってみる事も必要です。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ