「うつ病の症状」の記事一覧(2 / 2ページ)

本当にうつ病なのか!非定型うつ病

心理カウンセラー

ある人が「自分がうつ病だと思えない」と言いました。 うつ病は、心の病気で神経伝達物質が減少したり体に不調がでる病気です。 しかしはっきりとわかるものではないので、アンケートなどでも診断をします。 そのせいかほとんどの方が・・・

死にたいと毎日思う

心理カウンセラー

重度のうつ病になると毎日一回は「死にたい」と思うようになります。 それは、何もやることがなくなったときに起きる現象で、お風呂に入ると「死にたい」寝る前に「死にたい」というように突然襲い掛かってくる気持ちです。 そのためお・・・

うつ病は大きな音が怖い

心理カウンセラー

うつ病の人に多くあらわれる症状のひとつが「音に敏感」という問題です。 音に敏感と聞くとどんな音にでも反応するのかと思いますが、そういったわけではないのです。 自分を攻撃する音に対して敏感だということであって、優しい音には・・・

「話す」を嫌ううつ病の症状

心理カウンセラー

うつ病の場合、話すことを嫌う人も多くいます。 話すことに疲れを感じ一言発するだけでも苦労するので、周囲の人は「聞き取れない」「怒っている」と感じるそうです。 ではなぜうつ病になると「話す」ことを嫌うのでしょうか。

うつ病での自殺は病死

心理カウンセラー

うつ病を患い自殺を~というようにうつ病が原因で亡くなった人を「自殺」と言ってしまうことは酷ではないかという意見があります。 自殺という言葉は「自分を殺す」ということになるので、まるで殺人犯のようだから止めて欲しいという訴・・・

うつ病の症状を理解する

心理カウンセラー

うつ病の症状は、うつ病ではない人にとって未知の世界です。 「うつ病とかいって、単なる甘えなんじゃないの?」といわれた経験が多いと思います。 人間なので痛みを共有することはできません。 ですが伝えることは出来るのではないで・・・

知らない間に疑心暗鬼になっている

心理カウンセラー

うつ病の患者さんの多くは、疑心暗鬼に悩んでいます。 いつのまにか誰も信じられなくなり、自分も信じられなくなったという気持ちはどこからくるものなのでしょうか。 原因を見極めることは、もしかすると疑心暗鬼の克服につながるのか・・・

躁うつ病を今は双極性障害と言う

心理カウンセラー

躁うつ病という病気をご存知ですか? うつ病とついているので憂鬱な気持ちになる病気と思われるでしょう。 しかし躁うつ病は、最近では双極性障害といってうつ病とは全く違う病気のことをいうのです。 今回は、双極性障害を知ることで・・・

非定型うつ病は新しいうつ病

心理カウンセラー

新型うつ病という言葉を聞いたことはありませんか? それは、今までのうつ病の症状と正反対だけれども憂鬱な気持ちが続く病で、20~30代の若い方に多く見られるうつ病です。 定型ではないうつ病、非定型うつ病は、周りから見ればわ・・・

うつ病による自殺を周囲が見分ける方法

心理カウンセラー

うつ病が原因で自殺をするケースが年々増加傾向にあります。 生きる限り死にたいと思うことはある意味正常であり、自殺に対し「のこされる人のことを考えろ」というつもりはありません。 しかし残される人がいて後悔をすることは、事実・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ