ADHDと精神科

サイト内検索

ADHDという障害を知っていますか?

注意欠陥多動性障害という最近話題になりつつあるものです。

ADHDは、子供の頃に症状が出る人もいれば大人になっていくにしたがって症状が出始める人もいます。

そのため社会進出したとき、周囲と自分が違うことに思い悩みうつ病を併発してしまう可能性が高いのです。

スポンサーリンク

そういったことから近年、心療内科や精神科を受診する患者さんにADHDの診断をすすめる病院が多くなっている傾向にあります。

では、ADHDとは、どういった症状なのでしょうか。

ADHDと注意欠陥

注意欠陥とは、「注意が欠如している」つまり注意が足りない症状のことです。

人間だれにでもある症状だと思いますが、ADHDの方は特にその症状が強いと考えるといいでしょう。

「仕事で軽いミスをよくする」「スケジュールを実行できないことが多い」「部屋が片付けられない」という症状が注意欠陥に入ります。

仕事でのミスはもちろん、これらの活動は、「時間できっちり動けるか」「物事を整理して動くことが出来るか」という注意力が診断されています。

症状としては、「集中できない」「話を聞けない」「記憶できない」「先延ばしにする」ということで生活に支障が出れば注意欠陥が当てはまるということになります。

ADHDと多動性

多動性とは、多く動く性質と考えてつまり「落ち着きがない」「行動力がある」ということです。

落ち着きがないという行為は誰にでも当てはまります。

人間も動物なのでそわそわすることもあればイライラすることもあるでしょう。

しかしADHDの症状は、生活に支障がでるほどその行為が起こるということなのです。

例えば「じっとすることが苦手」「貧乏ゆすりをする」などよく見られる人の行動です。

それが原因で「同じ仕事が出来ない」「人と何時間も話せない」となると仕事や生活に支障がでてくるでしょう。

そのため仕事がストレスになったり周囲と仲良くなれないなど悩みが多くなっていくのです。

スポンサーリンク

ADHDは、子供の病気とされていました。

そのためクラスの問題児とされる生徒は大抵小学生のころ病院への受診や養護学校への進学をすすめられます。

しかし症状は、成長するにつれておよそ2割の人が重くなり6割に症状が少し残るとされることが明らかとされ、子供だけの病気ではないとされたのです。

今回のADHDの症状に当てはまったとしても小さい頃はそうだったかなども含め、心配のようでしたら病院で診断を受けてみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ