ADHDの理解

サイト内検索

ADHDとは、注意欠陥多動性障害です。

落ち着きがない、軽いミスをしやすい、物事を冷静に受け取ることが出来ないという症状が現れます。

子供の病気とされていましたが、近年ADHDは大人になるにつれて重病化するケースもあり、中にはADHDの症状が少し残るケースもみられているのです。

スポンサーリンク

では、ADHDであることが大人である患者にどんな影響を及ぼすのでしょうか。

周囲との関係

仕事の合間に話すことや、新しい仕事が追加されると混乱を起こします。

なぜならはじめの順序が正しいと思っているので、追加される様々なことに対応できず困ったり、怒ったりしてしまうからです。

そのため「Aさんコレもやっておいて」と仕事を追加されると「今やれっていわれてもできません。」と「いつ」を忘れた受け取り方をしてしまい周囲が困ってしまうのです。

また落ち着いて考えられないということは、会社でのストレスや家でのストレスがうまく発散できず溜まりこみ、突然感情が爆発したり仕事を辞めてしまったりしてしまうこともあるのです。

社会では、急に怒り出す人や落ち着きのない人、突然驚くような行動に出る人は、悲しいことですが嫌われる傾向にあります。

それがなぜなのかを知ろうとしてくれる人は、そんなに多くはないのです。

そのため周囲との関係がこじれたり、周囲から疎外されることで傷つき辞職や別れが多いのです。

依存しやすい

またADHDの症状で、止められないことが依存につながることになる場合もあります。

ストレスを受けやすく、さらに溜め込みやすいので動物としてそのストレスを恋愛やギャンブルなどで発散し、元の自分を取り戻そうとするのです。

タバコやお酒、ゲームなども依存しやすく一度依存するとなかなか抜け出せません。

スポンサーリンク

そのため自分がADHDの症状に当てはまりやすいのならば、極力依存のしやすい物事を避けたほうが良いと考えられます。

小学生のころクラスの問題児は、ADHDのような発達障害であると大人が決めつけ病院に通わせたり、養護学校に通うことを勧めるようになりました。

大人の病気でもあると認識された今でも同じことで、「障害」という響きからまるで人間ではないような反応を受けることが多く患者さんは酷く傷ついています。

どんな人でもちゃんと説明されなければ混乱するし、依存もしやすいのでADHDを社会も理解すべきだと私は思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ